受付時間

反り腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ぽっこりお腹になってきた
  • 身体を反ったり前屈が苦手
  • 前かがみになると腰が痛む
  • お尻が大きくなったかも
  • むくみやすい
  • 抱っこや家事中の姿勢が辛い
  • 産後、骨盤を前に出して立つ姿勢が楽になってしまった

郡山市かげやま鍼灸接骨院が考える反り腰の原因|郡山市かげやま鍼灸接骨院

反り腰の状態を一言で言うと背骨の腰の部分が過剰に反っている状態です。正常な背骨は首(頚椎)は前弯していて背中(胸椎)が後弯、腰(腰椎)が前弯して「S字カーブ」を作っているのですが、現代人の反り腰の方は骨盤が前方に出て腰部の反りが強くなっています。なぜそうなるのでしょうか?

①身体の感覚不足、脳の不活性化

これは自分の各関節の位置がわからなくなっている「身体の感覚不足」「脳の不活性化」により身体の位置感覚が悪くなり骨盤を前にせり出し、股関節周囲の靭帯や軟部組織、もも前の筋肉で体重を支えようとします。そうすることで股関節周囲の靭帯や筋肉の伸長された感覚で自分の位置感覚を脳に伝えます。この位置感覚が反り腰の方は弱くなっているため股関節周囲の靭帯や筋肉に寄りかかるように骨盤を支えることで脳は骨盤の位置感覚がわかるようになり反り腰になってしまいます。

(身体の感覚不足、脳の不活性化の詳しい話は姿勢、猫背改善ページへ)

②腹部のインナーマッスルの機能低下

身体の中心は「コア」と呼ばれる腹部、腰部、横隔膜、骨盤底筋と言われるお股の筋肉群の4つの壁に囲まれた部分を指します。この「コア」がうまく安定することで身体は安定し色々な動作がしやすくなります。ですが現代人は日々の忙しさや、ストレス、運動不足などにより呼吸も浅くなり、コアがうまく機能しない状態になっています。

③背骨の柔軟性の低下

背骨自体が硬くなり、柔軟な動きができないのも一つの要因です。現代人はストレスや睡眠不足、そして同じ姿勢で過ごすことも多く身体を固めやすく、反り腰で硬くなった状態からうまく抜け出せなくなっています。

④妊娠や急な体重増加

妊娠や急な体重増加によりお腹が前に突き出た姿勢になると自然と反り腰になりやすくなります。お腹が前に出ることで上半身を反らせバランスをとるような姿勢になりがちになります。これも反り腰になる要因の一つです。

反り腰を放置してしまうと|郡山市かげやま鍼灸接骨院

現代人の反り腰は背骨が硬くなり、骨盤が前に出て腰椎にストレスをかけ続けています。この反り腰の状態が続くとぎっくり腰や坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどの腰椎の変性だけでなく便秘やPMS、むくみ、下半身太り、ぽっこりお腹、お尻が下がって見えるなどの原因にもなりかねません。

郡山市かげやま鍼灸接骨院が考える反り腰の改善|郡山市かげやま鍼灸接骨院

反り腰を改善するために重要なのが①呼吸を整え腹部のインナーマッスルを鍛える②肋骨、背骨、骨盤の位置を整える③脳に良い刺激を与えていく。これらのことが重要になります。

腹部のインナーマッスルはいわゆる「自前の腰痛ベルト」の役割をします。肋骨、背骨、骨盤を締めることで「コア」と言われる腹部、腰部を安定させていきます。

郡山市かげやま鍼灸接骨院の反り腰の施術方法|郡山市かげやま鍼灸接骨院

①過剰に力が入っている背中、腰部、臀部の筋筋膜を緩める。

②呼吸法を使いながら、肋骨、背骨、骨盤の位置を調整しコアに刺激を入れていく。

③EMS、ストレッチポールなど姿勢改善ツールを使いながら腹部、もも裏の筋肉を鍛えていく

④簡単な体操を一緒に行う

反り腰により体型の変化、腰痛、PMSなど色々な症状にお困りの方はお気軽に郡山市かげやま鍼灸接骨院へご相談ください。

執筆者:柔道整復師 かげやま鍼灸接骨院
院長 影山 宗一郎

お身体の不調や不安、悩みなどありましたらどんな些細なことでも構いませんのでなんでもご相談ください。

  • LINE

かげやま鍼灸接骨院

住所
〒963-8845
福島県郡山市名倉字159-1
駐車場
当院敷地内の北側に5台
院前に2台完備
保険のご利用
国民健康保険・社会保険・組合保険・自賠責保険など
ご予約
予約優先制

アクセス

受付時間