受付時間

ストレートネック

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 自宅でスマホをみている事が多い
  • デスクワークの仕事が多い
  • 気がつくと口呼吸をしている
  • 横から鏡を見ると頭が前に出ている

郡山市かげやま鍼灸接骨院が考えるストレートネック(スマホ首)の原因|郡山市かげやま鍼灸接骨院

一般的に健康な方の背骨は横から見ると「S字カーブ」になっています。首の部分の背骨(頚椎)が前に前弯し背中(胸椎)は後ろ、腰の部分(腰椎)は前となりキレイなS字カーブを作っています。ですがストレートネックになっている方は首の部分の頚椎は真っ直ぐになり頭部は前に出て、胸椎と言われる背骨の背中の部分がまっすぐになっていることが多いようです。なぜそうなってしまうのでしょうか?

①長時間のスマホやPCの使用

現代人は長時間デジタルデバイスを使用することが多く画面を見るために顔を前に出して生活しています。画面に集中することで長時間同じ姿勢が続きストレートネック(スマホ首)の姿勢で凝り固まってしまいます。

②「身体の感覚不足」「脳の不活性化」

現代人のライフスタイルではスマホやPCなどデジタルデバイスの過剰利用、精神的ストレスによる背骨の硬さ、反り腰などにより「身体の感覚不足」「脳の不活性化」が起こりS字カーブが作れなくなっています。カーブを作れず、頭部が前に出てしまうので過剰に首の筋肉が頑張ってしまい過度に筋肉を緊張して頭を支えることで頚椎と言われる首の骨が真っ直ぐになってしまいます。

(身体の感覚不足、脳の不活性化の詳しい話は姿勢、猫背改善ページへ)

③口呼吸

頭部が少し前に出ることで口が開きやすくなります。鼻の状態や、舌の位置も口呼吸に関わってきます。鼻呼吸ができないことで顔を前に出し口を開けた状態が楽になってしまいます。

④運動不足

現代人は圧倒的な運動不足なため身体を支える筋力がないため、猫背や反り腰になりよってストレートネックも併発しやすくなります。

ストレートネックを放置してしまうと|郡山市かげやま鍼灸接骨院

横から見た中心線もズレてくるのも特徴です。横から見た中心線が耳、肩、大転子と言われる骨盤部の横の出っぱった骨、膝、くるぶしととるのが理想ですが、前述した通りストレートネックの方はこの重心線が崩れ、肩より前に頭部が過剰に出ています。この重心線より頭部が「5センチ」出るだけで首への負担は2倍になり、「10センチ」出るだけで4倍になります。

通常頭の重さが3キロくらいでスイカの重さと同じくらいになります。頭が5センチ前に出ることでスイカ2個分、10センチ出ることでスイカ4個分の重さを筋肉で支えることになります。想像しただけでもだいぶ首に負担がかかっているのがわかると思います。

中心線に頭が乗り、首のカーブがあることで骨で支えることができ、負荷が少なくなるのですが、ストレートネックになり、頭が前に出ることで首肩背中のの筋肉が常に緊張し血管神経が圧迫され血流が悪くなることで、頭痛、手の痺れ、ひどい肩こり、視力の低下、自律神経の乱れなどの原因になることが考えられます。

郡山市かげやま鍼灸接骨院が考えるストレートネックの改善|郡山市かげやま鍼灸接骨院

まずは首、肋骨、背中の筋筋膜ををしっかり緩めることと、自分の中心線を身体に覚えてもらうために脳に刺激を入れていき腹部、骨盤周りのトレーニングも重要になります。身体も過緊張を起こし交感神経が優位になっているためリラックスする時間も大切になってきます。

郡山市かげやま鍼灸接骨院のストレートネックへのアプローチ|郡山市かげやま鍼灸接骨院

①身体の過緊張をとっていく

②ストレートネック専用ツールを使い頚部、肋骨、背骨、骨盤の位置を整えて「S字カーブ」を作っていく

③簡単な体操を一緒に行う

そうすることにより首、背中とキレイな「S字カーブ」ができていきストレートネックも改善され頭部も良い位置に戻っていきます。ストレートネック(スマホ首)の症状でお困りの方はお気軽に郡山市かげやま鍼灸接骨院にご相談ください。

執筆者:柔道整復師 かげやま鍼灸接骨院
院長 影山 宗一郎

お身体の不調や不安、悩みなどありましたらどんな些細なことでも構いませんのでなんでもご相談ください。

  • LINE

かげやま鍼灸接骨院

住所
〒963-8845
福島県郡山市名倉字159-1
駐車場
当院敷地内の北側に5台
院前に2台完備
保険のご利用
国民健康保険・社会保険・組合保険・自賠責保険など
ご予約
予約優先制

アクセス

受付時間