受付時間

スポーツの怪我

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 部活で足首を捻ってしまった
  • 大会、試合が近いので早期に復帰したい
  • スポーツをする際、膝の不安感がある
  • 怪我の再発予防をしたい
  • パフォーマンスの向上を目指している

郡山市かげやま鍼灸接骨院が考えるスポーツの怪我とは|郡山市かげやま鍼灸接骨院

スポーツの怪我とは主に骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)のことです。

これらはスポーツ活動中に転倒や衝突などの外力によって引き起こされる急性の怪我で、急激な痛みや腫れなどの炎症が現れます。

また、オーバーユース(使いすぎ)による疲労や大きな負担が原因で筋肉や筋膜、腱、靭帯を痛めることもスポーツの怪我と言われております。代表的なものにオスグットやジャンパー膝、シンスプリントなどがあります。

捻挫や打撲などを放置したり、痛みがあるのにスポーツを継続していたりすると他の箇所をかばって悪化や再発の恐れがあります。

ひどい場合は痛みや怪我が癖づいてしまうこともあります。

スポーツの怪我を放置してしまうと|郡山市かげやま鍼灸接骨院

スポーツの怪我は「受傷してからどれだけ適切な処置をするか」が大事です。

しかし、シップや痛み止めでごまかしてしまったり、不適切な固定や固定期間、不用意な運動などをしてしまったりすると、捻挫や肉離れなどが癖づいてしまいます。

痛みのある部分をかばいながら運動することで起こる身体のバランスの乱れ、捻挫や肉離れを起こす前から潜在的に持っていた体のバランスの乱れも、筋膜や筋肉の緊張、関節の硬さなどの原因となります。

そのため、スポーツの怪我をしない身体の使い方や、正しい身体のバランスを整えておかないと、何度も同じ場所を痛めてしまうことにつながります。

一度怪我をしてしまうと体がそのクセを覚えてしまったり、筋肉や筋膜、ツボが硬くなったりしてしまい痛みがなくなったとしてもその怪我が再発しやすい状態になります。

そのため、捻挫を繰り返してしまったり、復帰してもまた怪我してしまったりで不安な状態でスポーツをすることになってしまいます。

身体を痛めた際に、局所治療だけでは不十分です。スポーツを長く続けるためにも、怪我をした場所の痛みを緩和するだけではなく、怪我しづらい身体にするにはどうしたらよいか?を考えた上での対応が大切です。

郡山市かげやま鍼灸接骨院のスポーツの怪我に対する対処法|郡山市かげやま鍼灸接骨院

郡山市かげやま鍼灸接骨院では、まずいつから痛みがあるのか?どのようなスポーツをして痛くなったのか?どのようにして痛めたのか?などを問診で詳しく聞き取り、局所の検査だけでなく全身の検査もし、一人一人の患者様の状態を調べていきます。

原因を見つけ、急性の怪我か慢性の怪我かを判断し施術をします。

局所の痛みを緩和させるとともに局所周囲の筋肉や筋膜、ツボをリリースし痛みを取り除いていきます。

また、固定や電気治療、鍼灸治療なども取り入れながら施術していきます。

局所だけの治療では身体のバランスの乱れは取れず、再発予防もできません。

郡山市かげやま鍼灸接骨院では全身の治療も行なっております。

全身の筋肉や筋膜、ツボのリリースすることで身体の歪みやバランスを整え、さらに運動指導をしてパフォーマンスアップや再発予防のサポートをしていきます。

痛みや怪我を緩和させるだけでなく、根本から治し、トレーニングをすることで筋肉や筋膜が緩み、身体のバランスが整うように施術しております。スポーツをいい状態で最高のパフォーマンスが長く続くようにという思いで施術させていただいております。

Q&A|郡山市かげやま鍼灸接骨院

Q1スポーツによる怪我とはどのような怪我ですか?

主に骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷(肉離れ)のことです。また、オスグットやジャンパー膝、シンスプリントなどがあります。

執筆者

山口 慶悟

執筆者:柔道整復師 かげやま鍼灸接骨院
院長 影山 宗一郎

お身体の不調や不安、悩みなどありましたらどんな些細なことでも構いませんのでなんでもご相談ください。

  • LINE

かげやま鍼灸接骨院

住所
〒963-8845
福島県郡山市名倉字159-1
駐車場
当院敷地内の北側に5台
院前に2台完備
保険のご利用
国民健康保険・社会保険・組合保険・自賠責保険など
ご予約
予約優先制

アクセス

受付時間